NFTゲーム

【最新版】メタバースの始め方|初心者向けに3ステップで解説

ビクトリー大学へようこそ、管理人のヴィアです。


メタバースを始めてみたいけど全くやり方がわかりません。VR買ったらいいの?詳しく教えてほしい。

このような悩みに応えていきます。


本記事の内容

  • メタバースとは
  • メタバースの始め方
  • おすすめのメタバースゲーム3選


この記事を書いた人


この記事を書いてる僕は、FIREしたのでゆったりブログを書いたりTwitterで情報発信してます。日々NFTや仮想通貨の情報をインプットしてるので信用性に繋がるかと。


メタバースを始める前に

メタバースで遊ぶには仮想通貨取引所の口座が必要なので事前に開設しておきましょう。


初心者の方におすすめなのがコインチェックです。使いやすくサービスも充実してるので今後も活用できるかと。

>>コインチェック公式サイト


コインチェック


そもそもメタバースってなに?


Facebook社が社名をメタバースの「Meta」に変えたことが話題となってますね。Google傘下のYouTubeもメタバース参入を検討しているほどメタバースには注目が集まってます。


メタバースとは

そもそもメタバースとはインターネット上に存在する「仮想空間」のことで、フォートナイトやマインクラフトをイメージしてもらえてらわかりやすいかと。


ユーザーは自分のアバターを操作して他のユーザーと遊んだり会話したり、コミュニケーションをとることができます。次世代SNSといってもいいでしょう。


メタバース市場が盛り上がってる理由

メタバースが盛り上がってるのは、ただゲームをプレイしたりコミュニケーションをとれる場だからではありません。


NFTのブロックチェーン技術を利用することで現実世界と同様のサービスやビジネスが可能になったことで、大盛り上がりとなってます。大手企業が参入してることが盛り上がりの象徴ですね。


ブロックチェーン技術を利用したメタバースでできることは次のとおり。


  • ゲームで稼げる
  • 仮想空間の土地売買&貸出
  • 店舗やサービスの提供



リサーチ企業のGartnerは「2026年までに世界の25%がメタバースで1日1時間以上過ごす」と予測しています。メタバースは企業や人々にとって「新たな時代の幕開け」といっても過言ではないかと。


メタバースの始め方


勘違いされている方も多いかと思いますが、メタバースを始めるにあたって実はVRは必要ありません。PCやスマホで気軽に始められます。ですが、仮想通貨を必要とするのでリスクを把握した上で取り組みましょう。


メタバースの始め方は次の通りです。


  • コインチェックで口座を開設する
  • メタマスクでウォレットを作成する
  • メタバースゲームを選ぶ
  • ゲーム内で使用する通貨を購入する


1つひとつわかりやすく解説していくので、初心者でも安心して進めていってください。


①コインチェックで口座を開設する

まず、コインチェック公式サイトにアクセスして取引口座を開設しましょう。コインチェックをおすすめする理由は、


  • 取引銘柄数が豊富
  • ユーザーが多い
  • 使いやすい


他にもレンディングやNFTプラットフォームなどのサービスが充実してるので、今後も活用できるかと。


具体的な開設方法は「コインチェックで口座を開設する方法」をどうぞ。


コインチェックで口座を開設する方法|無料で1500円相当のビットコインをGET

続きを見る


②メタマスクでウォレットを作成する

ウォレットとは、仮想通貨を使う財布と思ってもらえればと。コインチェックなどの取引所でできることは「売買・入出金・送金」の取引でして、ウォレットがないと仮想通貨を使うことはできません。


ウォレットはいくつかありますが、中でも「メタマスク」がおすすめです。今後メタバースやNFTに触れていく上でなにかと便利です。


ウォレットは悪質な詐欺サイトも多いので下記のリンクは安全です。

>> メタマスク公式サイト


具体的な作成手順は下記で開設してるので参考に進めていってください。


【必須】メタマスクでウォレットを作る方法【インストール手順】

続きを見る


③メタバースゲームを選ぶ

メタバースゲームを選んでいきますが、実際のところかなり存在します。なので初心者の方でも始めやすく世界規模で人気のある3つのメタバースゲームをご紹介します。



特にAxie Infinity稼ぎやすく、海外ではゲームだけで生計を立てている人も多くいます。


詳細は始め方については後ほど解説します。


④ゲーム内で使用する通貨を購入する

メタバースを始めるにあたって、ゲーム内で使用する通貨を購入しなければいけません。ですが、国内取引所では取り扱いがないため海外取引所口座を開設して購入する必要があります。


下記の手順で進めてもらうと失敗なくサクッと進められます。



ちなみに各ゲームの使用通貨は次の通りです。


メタバースゲームゲーム通貨
Axie Infinity(アクシーインフィニティー)AXS
The Sandbox(ザ・サンドボックス)SAND
Decentraland(ディンセントトランド)MANA


初心者の方は、あくまでメタバースに触れることから始めるべきなので少額でスタートしましょう。


Axie Infinityに関しては1.2万円ほどあればその日から稼げます。


おすすめのメタバースプラットフォーム3選


では先ほどご紹介した3つのメタバースゲームについて解説していきます。



①Axie Infinity(アクシーインフィニティー)


ベトナムで開発されプレイ人口が最大級のメタバースゲームがAxie Infinityです。やり方としてはアクシーと言われるキャラを3対3で戦わせてクリアしていくといった流れ。


ポケモンに近いイメージを持ってもらえたらわかりやすいかと。


クリアするとSLPトークンがもらえて、それを日本円に換金して稼ぐ感じです。


今なら初期費用が2万円ほどでアクシーを3体買えるのでコスパも抜群のNFTゲームの一つでして、SLPトークンの現在の価格は1桁台ですが、NFTが一般化されれば確実に伸びます。先行者利益を狙って始めてみましょう。


【Axie Infinity】アクシーの始め方を画像付き5ステップで解説

続きを見る


②The Sandbox(ザ・サンドボックス)


The Sandboxは、「LAND」という土地の売買で稼いだり貸出で不動産収入を得られます。また、ボクセルアートを自作し売って稼いだり、アイテムの転売で稼いだりもできます。


マインクラフトをイメージしてもらえたらわかりやすいかと。


人が所有する土地へ遊びに行ったり、イベントやビジネスなどでコミュニケーションがとれるメタバースゲームです。土地の価格は2022年3月の時点では、約80万円ほどです。Softbankグループも運営側に投資してますし、今最も勢いのあるゲームなのかなと。


散策したり、遊んだりは無料でできます。


【話題】The Sandboxの始め方|遊び方から稼ぎ方までを徹底解説

続きを見る


③Decentraland(ディンセントトランド)


Decentralandも土地の売買やアイテムの転売で稼げるゲームです。


現実世界の活動がそのままメタバース内でできるような構成となってます。


基本的には無料で遊べますし、始めにアバターを自作しアミューズメントやサービスが体験できることで今後ビジネス展開も期待できる巨大なプラットフォームです。


Decentraland(ディンセントラランド)の始め方・遊び方を解説【簡単】

続きを見る


まとめ|メタバースの将来性


僕自身もメタバースの将来性にかなり期待しています。まず、NFTの市場が盛り上がってるのでこれからもメタバース市場は発展し続けるでしょう。


新しい市場に飛び込むことは、先行者利益だけでなく新規ビジネスの起業などにも率先して取り組めるので、今のうちに触れておくことがベストなのかと。


NFTにも興味がある方は下記の記事もぜひ読んでいってください。


NFTってなに?仕組みから購入方法までわかりやすく解説【簡単】

続きを見る


最後までありがとうございました。


【GameFi始め方】稼げるNFTゲームおすすめ10選|稼ぎ方も徹底検証

続きを見る


-NFTゲーム