NFTの始め方

【NFT初心者講座】メタマスクでウォレットを作る方法【インストール手順】

ビクトリー大学へようこそ、管理人のヴィアです。



ひろし
NFT投資を始めるにはメタマスクというウォレットが必要って聞きました。安心して作る方法を教えてほしい。

このような悩みに応えていきます。


本記事の内容

  • メタマスクの概要
  • メリット&デメリット
  • メタマスクでウォレットを作る手順


この記事を書いた人


僕は、NFTコレクターとして活動してます。


初心者講座と題して、NFTの始め方・購入・出品まで、超簡単にわかりやすくまとめてます。


この記事を読めば、たった数分でウォレットを作ることができます。


メタマスクとは


メタマスクとは仮想通貨のWebウォレットです。


コインを使うサイフとイメージしてもらうとわかりやすいですかね。


ではまず、メタマスクのデメリットとメリットを見ていきましょう。


メタマスクのデメリット

  • ブラウザが制限されている
  • ハッキングのリスクがある


「Google Chrome」「Brave」「Microsoft Edge」「FireFox」この4つのブラウザでしか使えないのがデメリット。


でも、Googleが使えるので、特別困ることはないですね。


あとはハッキングのリスク。


必ずしもハッキングされるということではないですが、メタマスクには利用に必要な資金だけ入れておくことをおすすめします。


メタマスクのメリット

  • Openseaと連携
  • 無料
  • 安心


無料で利用できて日本語対応なので初心者にも使いやすいサービスです。


あと、Googleの拡張機能に入ってるので安心感は持てるかと。


Openseaと連携できるのでスムーズにNFTアートを購入することができます。


メタマスクでウォレットを作る手順【3ステップ】


メタマスクでウォレットを作るのは次の3ステップです。


  • メタマスクをインストール
  • パスワードを設定する
  • シードフレーズを設定する


シードフレーズ。初めて聞く言葉かもしれませんが、画像を使って超簡単に解説するのでササっと進めてください。


ステップ①|メタマスクをインストールする

まず、メタマスクにアクセスします。


>>https://metamask.io


メタマスクは偽サイトが流通しています。上記URLは安全です。


次は「Chrome用のMetaMask」をインストールしていきましょう。


※翻訳機能で日本語にしよう



次は、「Chromeに追加」をクリック



次に、「拡張機能を追加」をクリック。



インストール手順はこれで終了。


メタマスクは画面右上の拡張機能(パズルのマーク)から利用できます。


ずっと表示させるにはピン留めしておくと便利ですよ。
ヴィア



ステップ②|パスワードを設定する


次はパスワードを設定していきます。


開始をクリックして、次に「ウォレットの作成」に進みましょう。



「同意します」をクリック。



パスワードを決めて使用条件に同意、作成をクリック。



以上でパスワード設定は完了。


ステップ③|シードフレーズを設定する

ひろし
シードフレーズ?
大丈夫。超簡単です。
ヴィア



鍵のマーク部をクリックして表示される単語をコピーしてメモに残しておきましょう。


※絶対に他人に教えないように



先ほどメモに残したフレーズの順番通りに入力していきましょう。


入力後に「確認」をクリック。



これにてシーフーズの設定および、ウォレットの作成が完了です。


まとめ|偽サイトに注意


なお、偽サイトにだけは注意してください。


サイド貼っておきますが、安全なのは下記のURLです。


>>https://metamask.io


  1. 取引所で口座開設
  2. MetaMaskでウォレットを作成←いまここ
  3. Openseaでアカウントを作成
  4. ウォレットにコインを送金
  5. NFTを購入、販売する


NFTの始め方から購入、売却、出品までの一連の流れを当ブログでまとめていくのでぜひ参考にしていってください。


今回は以上となります。ありがとうございました。



-NFTの始め方