NFT メタバース

メタバースの土地ってなに?買い方・稼ぎ方・使い方をわかりやすく解説

ヴィア

ヴィア

ビクトリー大学へようこそ|NFT・仮想通貨について日本一わかりやすく発信するメディア|NFTコレクター・投資家・ブロガー|不動産投資でFIRE済▶︎2ヶ月でブログ収益化達成▶︎1文字3円ライター▶︎NFT取引量100万円以上▶︎ビットコイン毎日3,000円積み立て&定期的に購入|さあNFT・仮想通貨の世界へ飛び込もう

ビクトリー大学へようこそ、管理人のヴィアです。


メタバースで土地を購入する人をよく見かけますがそもそも何ですか?参考までに不動産(土地)の買い方や稼ぎ方も詳しく知りたいな。

このような悩みに応えていきます。


  • メタバースの土地なんて何の意味があるの?
  • 買ってどうするの?
  • どうやって稼ぐの?


さまざまな意見や疑問があるかと思いますが本記事を読めば「メタバースの土地への投資もありだな」って気持ちが芽生えるはずです。


本記事の内容

  • メタバースの土地って何?
  • メタバースの土地で稼ぐ方法
  • 【The Sandbox編】土地の買い方
  • 【Decentraland編】土地の買い方


この記事を書いた人


この記事を書いてる僕は、FIREしたのでゆったりブログを書いたりTwitterで情報発信してます。日々NFTや仮想通貨の情報をインプットしてるので信用性に繋がるかと。


そもそもメタバースの不動産(土地)って何?


メタバースの不動産(土地)とは、言ってしまえばただのデジタルデータです。


ですが、NFTのブロックチェーン技術により「ここは〇〇さんの所有する土地です」というのがデータとして管理されてるので、実際に売買や貸出などで稼げるようになってます。



主に「The Sandbox」「Decentraland」というゲーム内の土地が世界的な規模で取引されています。


現実の土地と仮想の土地との違い

  • メタバースの土地を購入するには面倒な手続き不要で簡単に購入できる
  • 80万円ほどでメタバース地主になれる
  • メタバースの土地は価値のボラリティー(上下)が激しい


僕自身、現実世界で不動産を所有してますが手続きがとにかく面倒です。それに比べてメタバースの不動産(土地)は購入するための通貨を用意するだけでOKです。今なら80万円ほどで地主になれますし、売買や貸不動産として簡単に稼ぐこともできます。


その反面、デメリットとしてボラリティ(上下)のリスクが挙げられます。土地の価値は日々変動してますし、1日で30%の下落なども起こる可能性も考えられます。


余裕資金で購入するなど、リスク面はしっかり意識した上で取り組みましょう。


メタバースの土地での稼ぎ方


大きく分けると次の2つ。


  • 不動産投資
  • 土地を利用したビジネス


現実世界と変わらないですね。この2つの稼ぎ方をさらに細かく分けて解説していきますね。


①不動産投資で稼ぐ3つの方法

まず、不動産投資の稼ぎ方としてさらに細かく分けると次の3つになります。


  • 土地の売買
  • 建物を建てて売却
  • 土地を貸し出す


土地の売買

  • 土地の価格が安い時に購入する
  • 土地の価格が上がれば転売(売却)する


一般的な不動産売買ですね。メタバース上の土地のメリットとしては、「土地の価値が上がる✖️通貨の価値が上がる」の2つが重なれば大きな利益を得られることです。


早い段階で土地を購入した人は、将来的に数十倍に跳ね上がることも十分考えられます。


建物を建てて売却

ボクセルアートやNFTアイテムなどで一つの街を作ったり、建築物を作ったりして「土地+建物」で売却します。


海外のメタバース投資会社や建築会社などはこのような稼ぎ方で大きな利益を得ています。初心者には、わりと難しい方法かと。


土地を貸し出す

土地を貸し出して賃料を得ることもできます。土地を貸すための購入ポイントとしては、妥協せずに立地の良さや賑やかな場所を選ぶ必要があります。


メタバースでも現実世界と同じで活気の良い場所には人が集まるので場所選びは特に重要です。


②土地を利用したビジネスで稼ぐ

では、ビジネスとして稼ぐ3つの方法を見ていきましょう。


  • 店舗・サービスを提供する
  • イベント開催
  • 広告収入


店舗・サービスを提供する


メタバース上でカジノを運営する会社もあり、これからさまざまなビジネスが展開されていくと期待されています。


また、このような周辺の土地を所有することで、自身も店舗やサービスを提供して稼ぐことも可能となります。



渋谷109もメタバースに参入したことも最近話題となってますね。


イベント開催


プロジェクトや自分自身の認知度を上げるためにメタバース上でイベントを行う人も多くいます。イベントは無料で参加できるものが多く、Decentralandでは世界的ブランドが2022年3月24日からファッションショーを開催することでも有名です。


中には、ゲームを展開し有料で利用してもらって稼ぐ人もいます。現実世界と同じことがメタバース上でも続々と展開されています。


広告収入

土地をメディア化して広告収入を得ることも可能です。その為には定期的にイベント開催を集客に力を入れる必要がありますね。


人が集まる仕組みを作れば企業からの広告も出てくるので、まだまだ広告収入の仕組みを作ってる人も少ないので、コミットして先駆者となると大きく稼ぐことも可能です。


土地を買うメリットや稼ぎ方については理解頂けたはずです。では次に購入方法を見ていきましょう。


  • The Sandbox|サンドボックス
  • Decentraland|ディンセントラランド


それぞれ解説していきますが、アカウントを作成されていない方は下記リンクから事前に済ませておきましょう。


【話題】The Sandboxの始め方|遊び方から稼ぎ方までを徹底解説

続きを見る

Decentraland(ディンセントラランド)の始め方・遊び方を解説【簡単】

続きを見る


【The Sandbox編】土地の買い方|3つの方法


The Sandboxで土地を購入する方法は3つあります。


  • The Sandboxのショップで購入
  • Openseaで購入
  • コインチェックNFT β版で購入


ちなみにOpensea・コインチェックNFTβ版ではイーサリアムで購入できます。


The Sandboxのショップで購入


手順⑤に関しては、メタマスクの「Ethereumのウォレット」に送金してください。


0x3845badAde8e6dFF049820680d1F14bD3903a5d0


上記のアドレスを下記の手順で入力するとSANDが表示されます。



「トークンをインポート」→「アドレスを入力」→「カスタムトークンを追加」へと進みます。



「トークンをインポート」をクリックするとメタマスクに「SAND」が表示されます。メタマスクに送金が反映されたらさっそく購入画面に進みましょう。


まず、The Sandbox公式サイトにアクセスします。



「ショップ」→「LAND」と進むと土地一覧が表示されますが現時点ではイーサリアムの価格しか表示されていません。


SANDで購入できるタイミングはゲーム内のセールの時でして、イーサリアムでの購入は2次流通となります。セールを狙って購入した方がThe Sandboxが提示する正規の価格で購入できるのでお得に買えるというわけです。


セールなどの情報は「ザ・サンドボックス公式Twitter」で確認できます。


Openseaで購入

これが最も簡単で馴染み深い買い方ですね。


Openseaのアカウントがまだの人は下記から作成しておきましょう。

OpenSeaの始め方を3ステップで解説【アカウント開設方法】

続きを見る



まず、The SandboxのOpenseaへアクセスします。現時点での最低価格は約80万円ほどですね。



あとは、NFTアートを購入するときと同じく「Buy now」へ進めてガス代を払って完了です。SANDでの購入に比べて遥かに簡単なので、正直Openseaで購入する方法がかなり主流となってます。


コインチェックNFTβ版で購入

あともう一つが「コインチェックNFTβ版」です。コインチェック口座を持っていたら誰でも利用できます。


まず、コインチェック公式サイトにアクセスしましょう。



「Coincheck NFT β版」→「THE SANDBOX」へと進みます。



あとは土地を選んで購入するだけです。現時点ではOpenseaに比べてもわりと高めですが最も簡単に購入できてコインチェックが提供してるので安心感は高いですね。


  • The Sandboxのショップで購入
  • Openseaで購入
  • コインチェックNFT β版で購入


以上の3つがThe Sandboxで土地を購入する方法でした。


【Decentraland編】土地の買い方|2つの方法


では次にDecentralandで購入する方法を解説していきます。次の2つが一般的です。


  • Decentralandのショップで購入
  • Openseaで購入


Decentralandのショップで購入

Decentralandの場合は「MANA」を使って購入するので、まずは下記の手順で通貨を用意しておきましょう。



0x0F5D2fB29fb7d3CFeE444a200298f468908cC942


メタマスクに上記アドレスを追加するとMANAが表示されます。SANDの時と手順は同じです。


では早速、Decentraland公式サイトにアクセスしましょう。



「MARKETPLACE」を開きます。



続いて「VIEW ALL」をクリックします。



その後、気になる区画をクリックして「BUY」で購入画面へ進むといった流れです。


Decentralandでの購入はMANAである一方で、OpenseaではETHで土地を購入できます。なので次にOpenseaで購入する方法について解説していきます。


Openseaで購入


DecentralandのOpenseaへアクセスします。現時点の最低価格は約130万円ほどですね。



あとは土地を選んで購入するだけです。やはり面倒な手続きもなく遥かに簡単ですね。


  • Decentralandのショップで購入
  • Openseaで購入


以上の2つがDecentralandで土地を購入する方法でした。


まとめ|こんな人におすすめ


  • 将来性がある根拠を掴んでる人
  • 余裕資金がある人
  • ビジネスの枠を広げたい人
  • 先行者利益を狙いたい人


こんな人には土地の購入はおすすめです。ただ逆に、


  • SNSを見ても買い始めてる人が多いから
  • 根拠は確信してないけど将来的に価値が上がりそうだから
  • 今のうちに買っておかないと価値が上がったら買えないから


このような方にはおすすめしません。


大手企業なども参入してますが、メタバースでのビジネスが100%主流になってくるとは言い切れません。


また、土地を売買するために関連する「ETH・SAND・MANA」などの通貨が暴落すれば土地の価格もグンっと下がります。なので、あくまで余裕資金で確信を持った上で購入するようにしましょう。


将来的に10倍、20倍となってもおかしくはない市場でもあるのでしっかり勉強して勝利を掴んでください。最後までありがとうございました。


【GameFi始め方】稼げるNFTゲームおすすめ10選|稼ぎ方も徹底検証

続きを見る

NFTってなに?仕組みから購入方法までわかりやすく解説【簡単】

続きを見る


-NFT, メタバース