ウォレットを作成

【要注意】レジャーナノ(Ledger Nano)の買い方|ここでは買うな

ビクトリー大学へようこそ、ヴィア(@Via00Via)です。


NFTを抜き取られる詐欺が多発しているのでハードウェアウォレットに保管しようと思ってます。なので安全な買い方をくわしく教えてほしいな。

このような悩みに応えていきます。


本記事の内容

  • ハードウェアウォレットの重要性
  • レジャーナノの安全な買い方
  • レジャーナノに関するよくある質問


この記事を書いた人


この記事では大切な資産(NFT)を守るハードウェアウォレット「レジャーナノ(Ledger Nano)」について解説していきます。

さてさて!最近NFTの盗難がかなり起こってます。


ヴィア
そこでやるべきことは防御力を高めることですね。

今回ご紹介するレジャーナノ(Ledger Nano)なら1万円ほどで購入できるのでぜひこの機会に対処しておいてください。


レジャーナノ(Ledger Nano)で保管するメリット


そもそもNFTや暗号資産をメタマスクで保管している人が多いはず。

むしろ安心感さえも抱いているかもしれませんが、実はハッカーに狙われてます。


というのも、メタマスクのようなウォレットは秘密鍵をブラウザ上で保管されてるので、ハッキングしようと思えば簡単にできると言うわけです。

※取引所で保管している暗号通貨でさえも被害に遭う可能性はあります


最近ではフィッシングメールやDiscordの乗っ取り、Twitter偽アカウントから詐欺サイトに誘導させられる被害が急増しています。

URLをクリックした時点で秘密鍵や個人情報が流出してメタマスクの中身を抜き取る。

引っ掛かってしまうと、もうどうしようもないですよね。


でもハードウェアウォレットはというと、、、

インターネット上から離れた端末に保管されているためハッキングのリスクが激減

ヴィア
とにかくセキュリティー面がかなり高まります。


  • ボク(私)は気を付けるから大丈夫
  • そもそも不審なURLは気付くし

 

この考えは危ないです!

万が一Googleなどの検索エンジンを乗っ取られて個々のアカウントをハッキングされると終了!


またこんな例もあります。


実は存在するんですよね!CryptoNinjaの偽アカウントも!

「おめでとうございます。『CNP○○』のWL申請のためこちらのリンクからアドレスを入力してください!」

もしこんなDMがきたら何も考えずにクリックしてしまいませんか?


偽アカウントはフォロワー数も買ってるし、ヘッダーもアイコンもプロフも整えてるので見分けがつきません。

とにかく防御力を高めるにはハードウェアウォレットに移しておくことが何よりの対策なのです。


絶対やってはいけないレジャーナノの買い方


では早速購入を、、、

と言いたいところですが、その前に購入する際の注意点をいくつかご紹介しておきます。


amazonやフリマアプリで購入はダメ

まずはこのツイートを!


ヤフオクなどでは一度、人の手に渡っている時点でウイルスを仕込まれている可能性があります。

またamazonだったら安心だろうという考えもダメです。amazonも個人商店の集まりで成り立ってます。なので返品されたものでも新品として普通に売ってますから。


ましてやフリマアプリなんて余計に怖いですね。

中古?危ない匂いがプンプンです。

半値ほどで購入できる場合もありますが、自分の資産を守るためにも妥協なしでいきましょう。


「正規品」の表記も怪しい

あともう一つが「正規品」や「メーカー公式」の表記です。

わりと安心してしまいがちですが、これを信用するのもおすすめしません。


当然こちらもウイルス入りの返品商品の可能性もあるのでリスキーです。

それに商品が届いたものの本体に指紋がべったりついていたというツイートをいくつか見かけました。

では最も安全な買い方をお伝えしておきます。


どこで買うのが一番安全なのか


ズバリ!フランスにある公式ストア(本社)から直接購入です。


Ledger社公式(フランス)から購入する

何度も言いますが、最も安全な場所はフランスのLedger公式ストアです!

▶︎Ladger社公式サイトはこちら


ビクトリー大学の誇りに掛けてこの記事に載せてるリンクは安全です。

もう一つの購入先として日本の正規販売代理店があります。


ここでは2〜3日ほどで届いて送料も抑えることができますが、やはり本社からの直接購入を推奨するのであえてURLは記載しないでおきます。


レジャーナノ(Ledger Nano)に関するよくある質問

壊れてしまったら?

結論から言うと、

もう一度買い直したらOKです。


シークレットリカバリーフレーズがあれば新たに購入したものでも復元できるので安心してください。

ただそのためにもシークレットリカバリーフレーズは厳重に保管しておかないといけないですね。

忘れたりメモを無くしてしまうと復元するとこはできないのでくれぐれも。


無くしてしまったら?

この場合、大変なことになりますがスピーディーにことを済ますと資産(NFTなど)を守ることはできます。

その際は次の手順が必要です。


  • シークレットリカバリーフレーズを用意
  • 新たにハードウェアウォレットを用意
  • シークレットリカバリーフレーズを入力して復元させる
  • 中身の資産を別のウォレットに移す
  • ハードウェアウォレットに新しい秘密鍵を作って移動させる


こんなイメージですが、その隙に盗まれる危険性もあります。

とにかく早く対処することが大切です。


どの機種を買えばいいの?

レジャーナノには3つの機種があります。


SS PLUSX
価格8,99010,50021,761
容量320KB2.5MB3MB
保存アプリ数2種類100種類100種類
Bluetooth


違いとしては、容量とBluetoothの有無です!

「Ledger Nano S」は容量が最も小さいですが2〜3種類のアプリをインストールできます。

ビットコインとイーサリアムだけでOKという人には問題ないかと。


「Ledger Nano  S PLUS」になると100種類ほどのアプリをインストールすることができるので容量に不自由なく資産を守ることができますね。

「S」と「S PLUS」では価格もさほど変わらないので、追加購入をしないためにも「Ledger Nano  S PLUS」がおすすめ。

ヴィア
ちなみにボクも「Ledger Nano S PLUS」を購入しました。


また「Ledger Nano S PLUS」にBluetoothが搭載された機種が「Ledger Nano X」になります。


レジャーナノ(Ledger Nano)の買い方

では!購入する手順を見ていきましょう。


STEP①サイトにアクセスする

まず公式サイトにアクセスします。

▶︎Ladger社公式サイトはこちら



わかりやすいように「日本語」に変換します。



続いて「Hardwera wallets」をクリック。


STEP②機種を選ぶ


購入したい機種を選んで「Add to cart」をクリック。



「Checkout」へと進めます。


STEP③情報を入力する

基本情報を入力していきます。

ヴィア
ちなみにぼくは英語表記(ローマ字)で入力しました。ご参考までに...



  • メールアドレス
  • 個人でOK
  • 氏名
  • 法人(そのままでOK)



  • 住所1:番地と町名
  • 住所2:建物名など
  • 国:Japan
  • 市区町村
  • 郵便番号
  • 電話番号

これらを入力したら「続行」をクリック。



入力した情報を確認して配送方法を選んだら「続行」をクリック。


STEP④料金を支払う


続いて支払い方法を選びます。

ヴィア
ボクはPayPalでいきました。



チェックを入れて「PayPalで支払う」をクリック。



PayPalにログインして「今すぐ支払う」をクリック。



以上で完了です。メールが届くので確認しておきましょう。



メールに記載されている「Review order」をクリックすると注文内容を確認することができます。

お疲れさまでした。

使い方や資産の移行については後日まとめていくのでぜひ参考にしてください。

ではでは!最後までありがとうございました。


-ウォレットを作成