NFT 仮想通貨

【最新版】NFT関連の仮想通貨銘柄おすすめランキング【先行者利益】

ヴィア

ヴィア

ビクトリー大学へようこそ|NFT・仮想通貨について日本一わかりやすく発信するメディア|NFTコレクター・投資家・ブロガー|不動産投資でFIRE済▶︎2ヶ月でブログ収益化達成▶︎1文字3円ライター▶︎NFT取引量100万円以上▶︎ビットコイン毎日3,000円積み立て&定期的に購入|さあNFT・仮想通貨の世界へ飛び込もう

ビクトリー大学へようこそ、管理人のヴィアです。


NFTに関係するおすすめの銘柄を知りたい。ギャンブルで投資はしたくないので詳しく勉強したい。

このような悩みに応えていきます。


2021年頃からNFTアートの人気が高まったことで、関連する仮想通貨銘柄も大きく成長をしています。


青汁王子の三崎優太さんもNFT銘柄を推してますし実際に成果を出されてます。
とはいえ、アルトコインには変わりないので事前に勉強しないと大きく損する可能性もあります。


勝てる根拠がない投資は全てギャンブル


逆に、これさえしっかり意識してればそこまで大損は考えにくいです。
ですので、この記事でNFT銘柄について勉強していってください。


本記事の内容

  • NFT関連銘柄の選び方
  • NFT関連銘柄の将来性や特徴
  • NFT関連銘柄おすすめランキング


この記事を書いた人


この記事を書いてる僕は、FIREしたので仮想通貨やNFTへの投資にコミットして生きてます。

毎日暇さえあれば勉強してるので信用性が出るかと思ってたりするので、ぜひ最後まで読んでいってください。


NFT関連銘柄ってなに?


2021年頃から成長を遂げているNFT市場に関わりのある銘柄のことをいいます。


そもそもNFTとは、ブロックチェーンという技術を活用していて自分が所有している証や今までの取引履歴をしっかりと管理・記録できるものです。


そのため、情報を改ざんしたり詐欺や悪用ができないことで価値を証明することができます。


近年では、デジタルアートの売買が注目されており、NFTの市場は世界的に伸びています。
これによりNFTに関わりのある仮想通貨の価値も高まってるということです。


NFT関連銘柄の将来性


  • NFT市場が発展している
  • NFT銘柄を取り扱う取引所の増加


これらにより将来性は大いにあると考えられます。


NFT市場が発展している

NFT市場は伸びているといってもまだまだ発展途上です。
これからグンっと伸びることが見込めますし、現に大手企業や著名人などもNFTに力を入れています。



SoftbankグループもNFTゲームへ投資してるほどですし、これから期待できる市場といえます。


海外ニュースなどで企業や投資家のお金の流れを調べておいて、自身も先行投資するような形が理想的です。


NFT銘柄を取り扱う取引所が増える

NFT関連の仮想通貨を取り扱う取引所が増えれば、その分取引量も上がるので価値が高まるきっかけができます。


バイナンスやバイビットなどのではすでに多くの銘柄を取引できますが、今以上に市場が拡大してくれば国内取引所で扱う通貨も増えてくるので日本人の僕たちでも購入しやすくなりますよね。


NFT関連銘柄を選ぶコツ


ではNFT関連銘柄を選ぶ際にどこに注目すべきかを見ていきましょう。


  • 時価総額を見る
  • 特徴を知る
  • 先行して海外の情勢を見る


これらの3つを意識するイメージです。


時価総額を見る

実はNFT関連銘柄はザっと100を超えてきます。
中には、全く伸びない銘柄もあれば詐欺コインもあるかもしれません。


そこで重要なのが時価総額です。


時価総額のランキングの上位銘柄は、期待値も上がるので投資には向いていると判断できます。


また、仮想通貨が怖いと言われる最もな理由がボラリティ(上下の差)ですが、時価総額が高い通貨というのは、わりとリスクも低めです。


逆にランキング下位の銘柄はボラリティが大きくハイリスクハイリターンだと知っておいてください。
ヴィア


特徴を知る

NFT関連銘柄の中でも種類はさまざまでして、


  • NFTゲームをクリアしてもらえる通貨
  • NFTゲーム内のアイテムを購入する通貨
  • 投票権があるガバナンストークン
  • ガス代問題を解決させる通貨

などが存在します。


ですので、各通貨にはどんな特徴があり、需要もあって将来的に上がる見込みがあるのかなどを知っておくのがベストかと。


投資をするには勉強はつきものです。逆にいえば勉強すれば勝てます。
ヴィア


海外の情勢を見る


最近ではアディダスに続き、ナイキまでもがNFTやメタバース事業へ参入しました。


これほどの大企業の参入となると関連する銘柄の需要も高まりますし、期待値も上がります。


個人的に暇さえあればチェックしてる海外ニュースサイトをシェアしておきます。


ここを意識するかで情報量は大きく変わってくると思ってます。
ヴィア


NFT関連銘柄おすすめランキング選


では、おすすめのNFT関連銘柄をランキングにまとめたのでお伝えします。


  • エンジンコイン(ENJ)
  • サンドボックス(SAND)
  • マナ(MANA)
  • チリーズ(CHZ)
  • フロウ(Flow)
  • ラリブル(RARI)
  • アクシー(AXS)


ちなみに現時点での時価総額やランキングを知りたい人は下記サイトをどうぞ。
ヴィア

>>CoinMarketCap


エンジンコイン(ENJ)

通貨名エンジンコイン
シンボルENJ
価格(2022年3月)162.79
時価総額(2022年3月)15,123,541,753
時価総額ランキング68


エンジンコインは、オンラインゲームで主に利用される通貨で、

  • ゲームの作成
  • 仮想アイテムの販売
  • チャット
  • ウェブサイトの作成

など様々です。


NFTゲームは今後普及していくので、これから伸びしろのある通貨だと言えます。


サンドボックス(SAND)

通貨名サンドボックス
シンボルSAND
価格(2022年3月)347.72
時価総額(2022年3月)390,740,745,429
時価総額ランキング37


Softbankグループが投資した「The Sandbox」というNFTゲーム内で使用する通貨です。


ゲーム内のキャラクターやアイテム、土地などをSANDで売買します。


「The Sandbox」は今注目度の高いNFTゲームとして人気があります。


マナ(MANA)

通貨名マナ
シンボルMANA
価格(2022年3月)294.85
時価総額(2022年3月)538,785,252,394.43
時価総額ランキング30


マナ(MANA)はDecentralandというVRのプラットフォームで利用される通貨でして、ブロックチェーンを使って3Dの仮想世界の構成を目指してます。


現実世界と同様の活動が行えるため、マナ(MANA)を使って土地やアイテムの売買も可能です。


これから発展していく通貨といっても過言ではありません。


チリーズ(CHZ)

通貨名チリーズ
シンボルCHZ
価格(2022年3月)21.82
時価総額(2022年3月)130,349,701,123.18
時価総額ランキング73


チリーズ(CHZ)は、スポーツクラブなどと連携して「ファントークン」を発行することができる通貨です。


「ファントークン」は、クラブ内の投票権として利用する事ができまして、もちろん売買も可能になってます。


今後、連携するクラブが増えたり上場する機会が増えてくると価格も上昇します。
独自性のある通貨なので、期待度も高く注目されている通貨となってます。


フロウ(Flow)

通貨名フロウ
シンボルFlow
価格(2022年3月)663.65
時価総額(2022年3月)220,248,120,984.39
時価総額ランキング50


Flowのブロックチェーン技術を利用してアプリやゲームの開発できるということで近年、需要が高まってる通貨になります。


また、NFTには欠かせないのが手数料(ガス代)ですが、イーサリアムに比べて安くて高速処理ができるという特徴もあります。


今は価格が落ち込み傾向ではありますが、NFT市場の伸びと共に再び上昇する可能性は十分に考えられる通貨です。


ラリブル(RARI)

通貨名ラリブル
シンボルRARI
価格(2022年3月)852.22
時価総額(2022年3月)5,229,759,854.36
時価総額ランキング559


ラリブル(RARI)は、システムに関わる投票権がある通貨です。


また、デジタルアートを取り扱うNFTプラットフォームで利用できまして、比較的安い作品は多く揃ってるのでNFT市場の伸びと共に利用者数も価格も上がることが見込めます。


現在はまだ海外取引所でしか取引できませんが、価値や需要が高まれば国内取引所でも売買できるようになるかと。


アクシー(AXS)

通貨名アクシー
シンボルAXS
価格(2022年3月)5,897.73
時価総額(2022年3月)359,861,803,950.22
時価総額ランキング40


AXSは世界的に人気がある「アクシーインフィニティー」というNFTゲームで利用できる通貨です。


フィリピンでは、このゲームで生計を立てている人も多く、初心者にも始めやすいゲームということで利用者数が多いのが特徴です。


GameFi(ゲームで稼ぐ)という点で、真っ先に浮かんでくるゲームこそが「アクシーインフィニティー」です。


低迷が続いてましたが、最近になって回復の兆しが見えてきてます。


NFT関連の仮想通貨を購入できる取引所


NFT関連銘柄を購入できるおすすめの取引所は次の通り。


  • コインチェック
  • ビットフライヤー
  • バイナンス
  • バイビット


Coincheck(コインチェック)で口座を開設する

  • 取扱数17銘柄で国内最大級
  • 積立は入金から購入まで全て自動
  • レンディングが簡単に始められる


操作性もいいので初心者の方におすすめの取引所です。
僕自身も月5万円(毎日約1,700円)積み立てで利用しています。


仮想通貨を運用して年利5%の金利を得るレンディングサービスも簡単に始められるのもおすすめする理由の一つです。


コインチェックの醍醐味は「初心者に優しい」ですかね。


※積立設定やレンディングについては後で解説記事を用意しています。

コインチェックで口座を開設する方法|無料で2500円相当のビットコインをGET

続きを見る


bitFlyer(ビットフライヤー)で口座を開設する

  • 即日で取引を開始できる
  • 毎月1円から積立できる
  • 連携できるサービスが多い


仮想通貨のさまざまな知識やサービスを知っていくとビットフライヤーと連携できるサービスが多くて驚きました。


即日で開設できますし積立も翌日から開始できるので「気分が変わらないうちに今すぐ始めたい」という方にはピッタリです。
僕はbitFlyerで毎日500円積み立てしてます。


※bitFlyerと連携できるサービスなども後ほど解説していきますね。

【bitFlyer】ビットフライヤーで口座を開設する手順【5ステップ】

続きを見る


Binance(バイナンス)で口座を開設する

  • アルトコインへ投資する
  • DeFiを始める
  • GameFiを始める


Binance(バイナンス)は何をするにおいても便利です。


日本で取り扱いのない通貨を購入したいならBinance(バイナンス)口座は必要になってきますし、世界中で愛用される取引所なので口座は開設しておいて損はありません。


DeFiやGameFiを行う際もBinance(バイナンス)経由はおすすめです。

バイナンスで口座開設する方法【簡単3ステップを画像を使って解説】

続きを見る


bybit(バイビット)で口座を開設する

  • 日本語対応で使いやすい
  • 安全性が非常に高い
  • ボーナス特典が豊富


bybit(バイビット)は「使いやすさ、デザイン性よりもセキュリティー面を保証する」という方針を持っています。


これが利用者の多い理由の一つでして、その上、日本語対応やボーナス特典の豊富さなどは日本人ユーザーにとってありがたいですね。


青汁王子で有名な三崎優太さんも愛用していて本人激推しの取引所でもあります。

【簡単】bybit(バイビット)で口座を開設する手順|3ステップ

続きを見る


まとめ|NFT市場は先行者利益が見込める


NFT関連銘柄の特徴や選び方、おすすめの銘柄7選についてお伝えしました。
僕自身も毎日NFTを触ってるので、今後の期待や需要の高まりが目に見えてわかってます。


2022年はNFTの元年ともいえる時代の幕開けにもなってくるので、今のうちにしっかりと知識を付けてタイミングがあればNFT銘柄への投資に挑戦してみて下さい。


NFTってなに?仕組みから購入方法までわかりやすく解説【簡単】

続きを見る

【GameFi始め方】稼げるNFTゲームおすすめ10選|稼ぎ方も徹底検証

続きを見る

【最新版】仮想通貨の始め方から稼ぎ方まで43記事で解説【完全ロードマップ】

続きを見る


最後までありがとうございました。


-NFT, 仮想通貨