【ブログで稼ぐ必勝法】SEOに強い記事の書き方と基本テクニックを公開

 

まずはじめに以下のような事でお悩みではないでしょうか!?

・アクセスや売り上げが伸びない
・やり方は間違ってないか
・このまま続けていけば結果がでるのか
・記事ネタがない
Via(ヴィア)
Via(ヴィア)
でも、ご安心ください♪
この記事を読めば解消できます!

 

ブログで稼ぐにはしっかりと把握した上でやらないと無駄な時間を費やすことになります。

 

せっかく始めたのに諦める人が出ないようにサポートしたいので、ブログやTwitterでメッセージを頂ければできる限り対応させていただきます。

 

この記事でわかること
SEOの重要性
基本テクニック
PV数の増やし方

 

ではわかりわすく解説していきますね♪

なぜSEOに強い記事が求められるのか!?

 

 

グーグルやヤフーといった検索エンジンで上位表示を狙うにはSEO対策が必要不可欠

 

SEOに強い記事を書くことで上位表示されやすくPV数の急増に繋がります。

 

いかに読者に意味のある記事なのか!?というのをSEOは意識しています。

 

ですので良質な記事を作成することでSEOにも高く評価されパワーのあるブログへと成長していきます。

 

言ってしまえば読者のことを考えて作成することが一番の近道です。

 

結論からいいますと、以下の通りです↓↓

読者ファーストを心掛ける
検索数の多いワードを選ぶ
キーワードを統一する
読みたくなるタイトルを選ぶ
ダラダラ書きはダメ
キーワードを選ぶポイント
被リンクを獲得する
オリジナルを出す
書き方を注意する
SNSを活用する
ツールを使う
目次でみやすく
まとめでおさらいする

 

真っ先に優先すべきなのがキーワードとタイトルです。

 

キーワードを明確にし、そのことについて詳しく解説していくことでSEOに強くなります。

 

また、タイトルは記事の顔

 

いかに読者の目に止まるタイトルと付けるかで検索されやすくなります。

 

次に挙げられるのが読者が抱える悩みを解消できる良質な記事作成を行うこと。

 

悩み、問題、欲求などを「ニーズ」と表現しますが、読者はニーズを解消したいために検索エンジン訪れます。

 

そのため、記事を読んでも解消されない、話がズレてきているといった記事は全く必要ありません。

 

読者にニーズの解消と満足を与えられるように良質で読みやすく最後まで飽きずに読める記事を作成しましょう。

 

では、どのような記事構成がSEOに強いのでしょうか!?

 

ただ、文章を作成していくのではなく自分なりの表現であったり、見出しもしっかり使う必要があります。

 

コンテンツの同じ記事は多く存在します。

 

ですので、自分なりのオリジナリティーを出すこともSEOの判断材料です。

 

それと、被リンク(別サイトからリンクを貼られること)は欠かせません。

 

被リンクを獲得するには良質な記事を作成し続けることが必項です。

 

また、SNSで情報発信や記事にシェアボタンを設置することで被リンクが得られやすくなります。

 

他にも、コツやテクニックはあるので1つ1つくわしく見ていきましょう。

 

読者ファーストを心掛ける

 

 

そもそも読者の悩みはなにか!?なにを求めているのか!?を考えなければいけません。

 

たとえば、「お金がもっとほしいなぁ」と悩んでいる方はどのようなワードで検索するのでしょうか!?

 

「お金ほしい」と検索する人はあまりいないと思います。

 

検索ワードとしては「お金の稼ぎ方」「お金を増やすには」「副業」などさまざまです。

 

このように読者の気持ちになってしっかりと調べたうえでキーワード選びが大切です。

 

検索数の多いワードを選ぶ

 

 

記事内容がよくても検索されなければ意味がありません。

 

ですので、自分勝手にキーワードを選ばずにピックアップしたキーワードを下記のツールを使って月間検索ボリュームを調べます。

 

 

ちなみに3つとも無料で使用できます。

 

では実際に、キーワードプランナーを使用した場合を解説します。

 

下記の画像は今読んで頂いているこの記事のタイトルを考えるために「ブログ 稼ぐ」というキーワードを調べたときに出てきた画面です。

 

 

競争率(ライバルの多さ)は「高・中・低」の3段階の「中」で月間の検索ボリュームが「1,000~1万」なので最適なキーワードだというのがわかります。

 

ちなみに「ブログ 稼ぎ方」と調べた場合↓↓

 

 

月間検索ボリュームが比較的少なくなっているのがわかります。

 

ですので「ブログ 稼ぐ」を使ったキーワードでタイトルを考えました。

 

自分で適当にタイトルを考えるのではなく、検索されやすいキーワードを探す。

 

それにより読者にもSEOにも選ばれやすいタイトルができあがります。

 

キーワードの統一

 

 

この記事は「SEOに強い記事を作成してブログで稼ぎたい」と悩んでいる人に向けて作成しました。

 

もし仮に、途中で「ワードプレスでブログを始める方法」や「ブログって稼げるの!?」などを解説しても読者からすれば「知ってるって」ってなりませんか!?

 

文字数を増やしたいからといって無駄な内容は書いてはいけません。

 

読者もすぐに離れますしSEOからの評価も落ちてしまいます。

 

SEO対策は6,000文字が理想という記事をよく目にしますが、文字数よりも読者ファーストです。

 

選んだキーワードを幅広い視点で解説していきましょう。

 

検索エンジンはタイトルで判断する

 

 

検索エンジンは「titleタグ」を重要視します。

 

記事のタイトルはこの「titleタグ」に表示されるので明確なキーワードと魅了されるタイトルを決めましょう。

 

また、タイトルの前半にキーワードを持ってくるのがおすすめです。

 

読みたくなるタイトルを付ける

 

 

たとえば、「ブログ 稼ぐ」という検索をしたとき、どの記事を選びますか!?↓↓

 

1,「ブログで稼ぐ方法10選!!」

2,「初心者必見!!ブログで稼ぐために必要なテクニックを解説。」

 

1番目はシンプルで見やすいですが、2番目の方がインパクトもありすぐに解消できるような内容を期待できますよね。

 

僕もそうですが、悩みを検索してどの記事を見ようかはタイトルで決めるはずです。

 

なので、「この記事なら解決できそう」と読者に信頼されるタイトルを考えることが大切です。

 

ニーズを解決できる記事を作成しよう

 

 

何回もいいますが読者は悩みや疑問を解決するために検索されます。

 

良い内容の記事を作成しても読みにくい文章では理解しにくく最後まで読まれないまま離れていきます。

 

なので読みやすい文章を書く注意点を解説します。

 

ダラダラ書きはダメ

 

 

検索エンジンは構成内容も重視します。

 

見出し(hタグ)をつかって一つずつ詳しく解説しましょう。

 

 

「hタグ」は記事を作成するにあたって基本です。

 

ですが、ただ使うだけではなく設定で見やすいデザインに変更することも大切。

 

また、見出しの中にもキーワードを含めましょう。

 

タイトルと同じく、hタグもSEOの評価対象です。

 

導入文と目次で見やすく

 

 

タイトルで読もうと決めてくれた読者が次に目にするのが導入文と目次です。

 

まず冒頭の導入文で「この記事は解決してくれそうだ」と心を掴めるかどうかが決まります。

 

ちなみに僕はこの記事の冒頭でこう書きました↓↓

 

 

実際に悩んでいそうな疑問を問いかけることで「この記事を読もう」と感じてくれるような冒頭にしています。

 

僕自身がネット検索をしたときにこのような記事を見かけて安心できたので他の人も同じことを思ってくれるかなと思い導入文に取り込んでいます。

 

言ってしまえばパクリですね笑

 

良いところをマネする!!

 

稼いでいるブロガーを見本にすることこそがブログで稼ぐための最短ルートです。

 

Via(ヴィア)
Via(ヴィア)
有名ブロガーの記事を参考にするのも良い勉強ですよ♪

 

まとめでおさらい

 

 

ありきたりなことですが、やはり記事の最後は「まとめ」で締めくくるのが理想的です。

 

結論や重要点をさいごにもう一度お伝えする事で理解性がより深まります。

 

もしくは、記事のはじめに結論をいれるのもありです。

 

また、箇条書きにすることで読者の心を掴みやすくなりますよ。

 

上位検索必勝法

 

文章構成は先ほどの通りですが、さらにSEOの評価を得るために「必勝法10選」を紹介します。

 

僕も意識している簡単な方法ばかりなのでぜひ活用してください。

 

キーワードを入れるポイント

 

 

キーワードを入れる箇所でSEOに評価されやすいポイントは以下の3つです。

タイトル
見出し
本文

「いやッ全部やん!!」ってつっこみたくなりますよね。

 

記事の全体的にキーワードを入れるのが理想ですが、注意すべき点は無理やり盛り込むことは厳禁ということです。

 

記事のタイトルと見出しの通りに解説していくことで自然と本文にキーワードが含まれていきます。

 

キーワードを意識しすぎて変な文章になったり、しつこく入れすぎることは評価の減点につながります。

 

被リンク

 

 

SEOにおける被リンクの効果としては以下の3つが挙げられます。

上位表示されやすい
ドメインに力がつく
集客が期待できる

SEOは、被リンクを獲得したページを「読者や他サイトから評価されている記事」として判断します。

 

そのため評価点は高く良質な記事と認識するので上位表示されやすくなります。

 

また、他サイトからリンクを通じて自分の記事に読者が訪れるのでドメインにパワーがつきPV数の向上も期待できます。

 

下記の方法を実践する事で被リンク獲得が期待できます。

 

良質な記事作成
SNSで発信
シェアボタンの設置

簡単なことなので意識して獲得を狙って行きましょう。

 

オリジナルを出す

 

 

よく似た内容の記事は検索結果ページに重複しないようにする傾向があります。

 

そのためにはオリジナリティーをだして独自性をもたせた記事にしましょう。

 

実際に自分が経験したことや簡単に調査したものをグラフやデータで説明するなど、自分ならではの表現が大切です。

 

ほとんど同じ内容の記事は必要ない!!byグーグル

 

Via(ヴィア)
Via(ヴィア)
グーグル様に気に入られるように個性を見せつけましょう♪

 

7つの注意点

 

 

SEOに強い記事はとにかく読みやすい記事でなければいけません。

 

また、読者に最後まで気持ちよく読んでもらえてこそ意味があるのでストレスを感じさせない構成が大切です。

 

Via(ヴィア)
Via(ヴィア)
ちなみに離脱率もSEOは見てるらしいですよ...

では簡単に7つの注意点を解説していきます。

 

漢字

 

漢字ばかりの記事ほど読みにくいのはありません。

 

漢字は2割が理想的です。

 

「漢字2割の法則」は雑誌の編集社なども意識しているので注意しましょう。

 

  • 「~等」ではなく「~など」
  • 「~する事は」ではなく「~することは」

 

のように少しの工夫で読みやすさが向上します。

 

わかりやすい表現で

 

できるだけ柔らかい言葉で、例え話をするときも長々とせずに見ただけですぐに理解できる内容を心掛けましょう。

 

専門用語や難しい表現は理想ではありません。

 

過剰な強調

 

フォント、マーカー、カラーなどを使って協調することは大切ですが過剰に用いるのは逆効果です。

 

要点がわからなくなり読者に伝わりにくく「結局この記事はなにを伝えたいの!?」と不満足を与えてしまいます。

 

ほんとうに伝えたいことと知っておくべき内容のみ強調することで心に残る良質な記事ができあがります。

 

Via(ヴィア)
Via(ヴィア)
シンプルで読みやすい記事のほうが、
さいごまで読んでくれる可能性は高まります。

 

改行と段落

 

「。」のあとは改行するようにしましょう。

 

「。」は一文の区切りなのでそのあとにまた長々と文章が続くのはとにかく見にくい。

 

また、一文が長すぎるのも良くないのでできるだけスマートな文章が理想的です。

 

Via(ヴィア)
Via(ヴィア)
実際のところ、箇条書きが一番理解しやすいですよね♪

 

文章数

 

ぼくもブログを始めたころは「SEO対策」についてネット検索で調べ尽くしました。

 

ほとんどの記事で「最低でも6,000文字以上」と書かれていたのでとにかく文字数を増やすことばかり考えていました。

 

ですが、無理やり長文にしたのでSEOに「こいつはなにを言いたいねん!!」と見放されムダ記事ばかりを量産。

 

「このままでは...」と深刻に悩んでいましたが2,000文字ほどの記事がなんと上位表示されていました。

 

短すぎるのは良くないですが文字数よりもコンテンツの内容です。

 

読者が求めているのは文字数ではなく役に立つ内容です。

 

画像・写真

 

画像や写真の入れすぎは広告やアフィリエイトのバナーとごちゃごちゃになってしまうので良くありません。

 

ですが、見出しのはじめに入れるなど、毎回決まった位置に設置することで見やすくオシャレな記事ができあがります。

 

ぼくも使用しているブログ画像のおすすめサイトを貼っておきますね↓↓

 

pixabay(高画質で無料の画像素材)

 

内部リンク

 

内部リンクは主に自分のブログを回遊してもらうための大きな役目を果たします。

 

訪問された読者に多くの記事を読んでもらえるブログというのはSEOからの評価も高まります。

 

ですので、雑記ブログよりも特化ブログの方が強いということになります。

 

ViaLOGは資産運用と副業に特化したブログなので、例えば↓↓

 

 

このような記事を貼り付けておくことで、もしかすると読んでくれる方もおられるかもしれません。

 

Via(ヴィア)
Via(ヴィア)
っていうか、ぜひ読んでくださいね♪笑

 

SNSを活用しよう

 

ブログとSNSの相性は抜群です。

 

両立していくことで多くの方に自分とブログを知ってもらえるので積極的に発信していきましょう。

 

ブログと相性の良いおすすめの3つは以下の通りです。

 

Twitter

 

 

拡散力が非常に高くリアルタイムで発信しやすいSNSです。

 

また、リツイートなどの機能により情報の拡散と伝達がフォロワー以外の人にも見られる可能性が高まります。

 

デメリットとしては、利用者が多いので定期的にツイートしないとすぐにタイムラインから流れていく点です。

 

匿名でも利用できるので顔出しをしたくないブロガーにもおすすめです。

 

Facebook

 

 

友達の友達にまで情報を共有できる世界最大のSNSです。

 

実名と顔出しでの登録が決められているので、匿名でブログを拡散したい人には向いていません。

 

自分を売っていきたい人はぜひ始めたほうが良いSNSです。

 

はてなブックマーク

 

 

記事ページを共有・保存ができるサービスです。

 

自分の書いた記事が多くの人から人気が出ればはてなブックマークで上位表示されてPV数の向上が見込めます。

 

また、ニュースサイトでも拡散される場合もあるので魅力のあるサービスとしてブロガーからの信頼度は高いです。

 

Via(ヴィア)
Via(ヴィア)
この記事もぜひシェアボタンからシェアお願いしますね♪

PVを増やすためのツール

 

 

すでに知っている人が多いと思いますが実際に僕も使用しているおすすめのツールをご紹介します。

 

収益、SEO、アクセスアップに役立つので是非参考にしてください。

 

まずは検索ボリュームをくわしく知れるツールは以下の3つがおすすめです。

ちなみに3つとも無料で使用できます。

 

キーワードプランナーはご紹介した通りで他の2つも用途としては同じです。

 

このツールを使わずに上位表示される記事を量産できる人はよっぽどな有名人か天才ですね。

 

つぎに、自分のブログにどれほどの人が何を目的に来てくれているかを知るツールをご紹介します。

 

アナリティクス
サーチコンソール

 

2つともグーグルが提供しているサービスでもちろん無料です。

 

アナリティクスは訪問数や滞在時間などをリアルタイムで知れるツールです。

 

サーチコンソールは検索されたワード件数や順位が知れます。

 

このようなツールを使って評価が良くない記事をリライトして順位を上げていきましょう。

 

僕は、何回かリライトしても反応がなければ削除して別のことに時間をかけます。

 

人気のない記事は削除し伸びそうな記事はリライトを行うなど、ブログを整理することもSEO対策に繋がるといわれています。

 

ツールをつかって、悪いところをしっかりと理解しブログを運営していきましょう。

 

まとめ

 

 

ひとつずつ解説してきましたがいかがでしたでしょうか!?

 

簡単なことばかりなのですぐにでも活用していただけたら光栄です。

 

ブログは日々の積み重ねが大切で始めたばかりはほぼ収入がゼロで気持ちが折れそうになるかもしれません。

 

ですが安心ください。

 

この記事でお伝えしたことをしっかり行い継続していくことでいずれ結果に表れます。

 

ブログで稼ぐのは難しいと言われていますがそれは大きな間違いです。

 

難しいのではなく逃げ出す人が多いというだけです。

 

自分に負けずにコツコツ頑張っていきましょう。

 

Via(ヴィア)
Via(ヴィア)
あッ!!そうや!!
毎日更新よりもゆっくり時間をかけて良質な記事を更新するほうが理想的ですよ♪

 

おすすめのサーバー&ネット環境

 

国内最速No.1【ConoHa WING】

コミュファ光

 

So-net光プラス



最後までViaLOGにお付き合いいただきありがとうございました。

 

ViaLOGでは副業のほかに「資産運用」について特化した記事を日々更新しています。

 

僕自身、投資が趣味でそのためにブログや物販など副業でもできるビジネスを行っています。

 

そこで経験と知識を生かし「ネットビジネス」に関してもこの記事のように発信しています。

 

SNSでも情報発信しているのでぜひフォローしていただけたら嬉しいです。

 

これからもよろしくお願いします。

 

Via(ヴィア)
Via(ヴィア)
Via(ヴィア)でした♪
ありがとうございました。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事