魅力たっぷりAT&Tに毎日1株投資します。ついでに(VYM)も購入しました。

これはAT&Tのチャートですが、コロナショックで暴落したのがまだ戻りきっていないので僕なりには、割安株と判断して今後の上昇に期待します。

ですが、ただそれだけの理由だけではありません。

ウォーレン・バフェット氏は、AT&Tのライバルである「ベライゾン・コミュニケーションズ」への新規投資が明らかになっています。

その保有金額は、2020年12月時点で86.2億ドルとなります。

そんな投資の神様が通信サービスへの投資を検討したということもあり、ベライゾン・コミュニケーションズよりも割安なので購入しやすく、尚且つ「動画配信サービス」も力を入れていることから、今後の展開に期待です。

また、毎日1株投資とは別で「バンガード 米国高配当株式ETF(VYM)」を5株購入しました。

 

こちらもコロナショックで大暴落しましたが、その後は順調でコロナショック前の高値を更新し右肩上がりが続いています。

昨日もお伝えしましたが、やはり個別銘柄に比べ、ETFは安定もあり強いので現在保有している「SPYD」「iシェアーズ  コア」の他にバンガード 米国高配当株式ETF(VYM)への投資も検討しました。

10年間のチャートを見てもコロナショック以外は大きな下落はなく、常に伸び続けているので今後も積極的に追加投資を検討しています。

 

では本日の資産状況で、米国株投資は以下の通りです。

米国株投資
資産額・・・790,253
運用益・・・+93,133

あまり変化はありませんが、アルトリア・グループの株価が少し伸びましたね。

あとは、「バンガード米国高配当株式ETF」5株と毎日1株投資で購入した「AT&T」で資産額が伸びました。

2つとも今後に期待です。

次に投資信託です。

投資信託
資産額・・・224,396円
運用益・・・+14,396円

極端に増えもせず減りもせず、やはり安定していますね。

ですが、ちょっとずつしか増えないイメージがある投資信託ですが、月5,000円を年利5%で20年間運用すれば85万円もの利益がでます。

運用期間が長ければ長いほど複利効果も出て爆発的な利益が見込めるので、投資信託こそ長期で運用することをおすすめします。

 

次に仮想通貨は以下の通りです。

仮想通貨
ビットコイン・・・46,767円
ネム・・・21,779円

 

さすがにこのぐらいの資金では、なかなか変動はしませんが仮想通貨は何が起こるかわからないのでもしかすれば数日後価格が2倍になるかもしれませんし、逆に半減するかもしれませんので、仮想通貨に投資する際は十分に注意しなければいけません。

 

以上で投資資産額は1,083,195円になりました。

 

ではまた明日も毎日1株投資でAT&Tの追加購入を行っていきます。

個別銘柄も良いですが安定の米国株ETF投資にも分散することも大切なのでよかったら下記の記事を参考にしてみて下さい。

 

最後まで閲覧ありがとうございました。

よーすけのプロフィールはこちらをポチッ!

皆さん僕と一緒にFIREを目指しましょう♬

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事