不動産

不動産投資REIT(リート)とは!?初心者でもわかる魅力としくみ

不動産投資REIT(リート)とは!?

不動産投資といえば、土地や建物を購入し家賃収入を得る事を目的としますが、何といっても必要資金が大きくなかなか手を出しにくい投資のひとつです。

また、投資資金が大きい分それなりにリスクも大きくなってきます。

ですがこのREIT(リート)は、数万円から簡単に不動産投資が始められるいうことで注目されています。

では、具体的にREITとは何なのか、メリット・デメリットまでを詳しく解説していきます。

REIT(リート)のしくみ

まずREIT(リート)とは「不動産投資信託」のことを指します。

不動産の投資ですが、実際の不動産を所有するのではなく不動産の証券で運用するので「金融機関・証券会社・ネット証券」で取り扱われています。

投資信託の多くは株式や債券が大半ですが、REITは不動産を対象とし投資家から集めた資金でオフィスビルやホテル、商業施設、マンションといった不動産を管理・運用し、投資額に応じた家賃収入や売却益の分配金を得ることで資産を増やしていきます。

株式や債券の投資信託と同様にREITもプロが管理運営するので、経済の知識がなくても効率良く安心して運用できる投資のひとつです。

投資から配当金が得られるまでの流れは、下記の通りです。

図を見ただけでは一見ややこしそうにも見えますが、実際に投資者が行うのは「いくら投資するか」を決めるぐらいです。

それ以降はプロが特定の不動産証券を購入し利益を出して投資者のもとに分配されるといったシンプルな流れです。

オフィスビルにしようか?ホテルにしようか?など一切考える必要はありません。

投資者
投資者

3万円投資します。

では3万円で運用させて頂きますね。
REIT
REIT

・・・・・・・後日・・・・・・・


○○円増えましたよー!
REIT
REIT
投資者
投資者

ありがとうございます。

簡単に言えばこのような感じです。

いつ投資するか、いくら投資するかは自由に決めれれますし、他にも「月々5,000円」のように月々積み立てて投資をしていくことも可能です。

では、次にREITの魅力や収益はいくら見込めるのかを解説していきます。

REITの魅力(メリット)

魅力
1,高く安定した収益が期待できる
2,少額で投資できるため分散投資ができる
3,手間や管理が不要
4,解約が簡易にできる

1,高く安定した収益が見込める

変動がありがちな株式よりも長期にわたり安定した賃金が得られる不動産で運用するので安定した配当金を期待できるのが特徴です。

株式の配当では、利益から「法人税」と会社の経営方針で、次年度の資金に回す「内部保留」が引かれた残りが配当金として分配されます。

その一方で、REITは利益から「課税対象分」を引いた90%超を配当金として分配されるので、株式での運用に比べて高い収益を得ることができます。

2,少額で投資できるため分散投資ができる

年利9%が見込める商品に投資したからといって、必ずしも9%の利回りがあるとは限りません。

リスクについては後でも説明しますが、新種のウイルスが流行するなどの予期せぬ出来事が起こると経済に影響する場合もあるので、年利が3%程しかない時や元本が割れてしまう場合もゼロとは言い切れません。

そこで少額投資できるメリットを生かし、例えば100万円の資産をひとつの商品に投資するのではなく5つの銘柄に20万円ずつ分散して投資をすることでリスクを抑えることができます。

3,手間や管理が不要

現物不動産に投資したの場合、資金の調達から契約まで行い、のちにオーナーになってからも管理業務は委託できてもさまざまな意思決定をする必要があります。

一方でREITは投資法人のプロが不動産の売買や管理・運用を行うので、その分手間が省けますし初心者にとって扱いやすい投資となっています。

4,インフレに強い

物価が上昇すれば不動産価値や賃貸料も上がる傾向にあるので、不動産はインフレに強い資産といわれています。

不動産価値が上がれば利回りも良くなり配当金の増加が考えられます。

また、現物不動産と違って解約が簡易にできるのでタイミングを見計らって解約し換金することが可能です。

REITのリスク(デメリット)

リスク
1,相場・収益が変動する可能性がある
2,投資法人の倒産する可能性はゼロではない

1,相場・収益が変動する場合もある

不動産の証券取引なので需要と供給や、金利の上昇が原因で市場に影響が及ぶ可能性があります。

そのような場合、分配される配当金が低下したり元本が割れる場合もでてます。

また、不動産は流動性や換金性が高いというメリットがありますが、それとは対照的に経済悪化の影響も受けやすくなります。

2,投資法人の倒産する可能性はゼロではない

一般企業と同様に、投資法人も収益の低下などの経営悪化で倒産する場合もあります。

ですが、倒産しても保有している不動産価値はゼロではないので売却すれば元本の一部、または全額が戻ってくる可能性もあります。

投資者は、投資法人の経営者でもなければ社員でもないので、リアルな経営状況や環境を知るのはなかなか困難で「実績データ」を確認して選ぶしかありません。

データをもとに投資口数や分配の実績などで経営状況を確認し人気と信頼のある安心のできる投資法人を選びましょう。

また、どの投資法人がおすすめなのかは、金融機関や証券会社の窓口でピックアップしてくれるのでその際にわからないことや不安なことがあれば相談するとよいでしょう。

まとめ

実際に物件などを保有する不動産投資は、地主であったりまとまった資金を持っていないとなかなか始めにくくリスクも高いのが現状です。

一方で、REIT(リート)での不動産投資は、現物不動産投資に比べてリスクが低く、数万円あれば投資可能なので気軽に始められます。

この記事では、不動産投資のREIT(リート)について解説しましたが、他にもいろいろな資産運用の方法を解説していますので是非そちらも参考にして頂けたらと思います。

「若いうちから資産運用しておけばよかった」と後悔しないように今のうちからしっかり考えておくことが大切です。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヴィア

自分の持ってる知識と方法を多くの人に届けたいという思いでブログ書いてます。資産運用とブログのことならなんでもお気軽にリプ、DMください。 高卒社会人▶副業▶退職して個人事業を立ち上げ▶物販、投資、ブログ▶不労所得で仕事しなくても生活できる

-不動産