仁川空港からソウル市内まで行く方法は?安くて早く着く空港鉄道が1番おすすめ!!

関西国際空港から仁川空港までのフライトが

約1時間半という

アクセスの良さの韓国(ソウル)ですが

仁川空港からソウル市内まで移動しなければなりません。

その交通手段に’’空港鉄道’’があります。

空港鉄道の乗り方や料金を

まとめたのでぜひ参考にしてください。



空港鉄道をおすすめする理由

仁川空港からソウル駅までの移動手段は

大きく分けて3つあります。

  1. 空港鉄道
  2. リムジン
  3. タクシー

その中でもなぜ空港鉄道をオススメするかは、

所要時間 料金
空港鉄道 43分 9000ウォン
リムジン 80分 15000ウォン
タクシー 60分 70000ウォン

お分かりの通り1番早くて1番安いのが

’’空港鉄道’’です。

ソウル駅まで直行便なので43分で到着します。

一人9500ウォンで日本円にすると

約950円です!!

韓国は日本と違っていて切符ではなく

カードになっていて

行き先を決めお金を支払う際にカードの保証金として

500ウォン上乗せされ

その使用した後のカードを換金機に通したら

保証金の500ウォン返ってきます。

ですので実質900円で行けます!!

空港鉄道までの行き方と乗車方法

到着ゲートを出ると掲示板に’’空港鉄道’’と書かれているので

その方向に進んで行くだけです。

矢印通り5分〜10分ほど進んで行くと券売機が見えてきます。

券を購入してゲートを通過しエレベーターで降りると

乗り場が右と左に2つ出てきます。

こちらのオレンジ色の方がソウル駅行きです。

間違えて水色の

こちらに乗ってしまうと

第2ターミナルに行ってしまいます、、、

乗車券を買うときに上記のカードと紙が出できます。

このカードが先ほどお伝えした

乗車券になっており

紙には

  1. 自分が乗る車両
  2. 座席

が指定されていて

車両ごとに荷物を置くスペースがあるので

広々と座れます。

特にタクシーですが現地の方の運転は荒いので

日頃車酔いされない方でも

車酔いする場合もあります。

その点も揺れの少ない空港鉄道を

おすすめする理由の一つです。

まとめ

簡単にお伝えしましたが

本当に簡単ですwww

券売機も最初の画面で

  1. 韓国語
  2. 中国語
  3. 英語
  4. 日本語

を選択する画面があるので

買い方もすぐわかります。

海外旅行なんで何かと不安もあるかと

思いますが韓国は基本的に

日本語が通じるので

わからないことは聞いたらすぐに

教えてくれますし

困ることはないです。

ですが念のため

’’LINE韓国語通訳’’を追加しておくと

便利です。

↓↓’’LINE韓国語通訳’’の追加方法、使い方

こちらに貼っておきます。

最後までご閲覧ありがとうございました。



 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事