韓国旅行の安い時期(シーズン)は?避けるべき時期は?

海外旅行で人気の韓国ですが

隣国という事でアクセスも良いし旅行費用も元々安いですが

’’韓国旅行の安い時期は?避けるべき時期は?’’

と題しまして、

更に安く行ける時期や方法を

まとめたので是非参考にしてください。

1、韓国旅行の安い時期(シーズン)は?

・5月中旬〜6月末

・10月、11月

・正月明けの1月

がおすすめです。

1つずつ説明しますと、

5月〜6月末

各旅行会社で値下げキャンペーンが行われやすい。

GW明けで韓国も需要が減るのでホテルの料金も値下げされる。

といった理由があります。

5月6月の気温はちょうど良いので、

安いし過ごしやすいのは最高です。

ただし韓国は日本に比べて梅雨入りが遅く

6月下旬〜7月中旬まで梅雨シーズンになります。

せっかくの旅行で雨は、、、

その時期は避けた方がいいです。

10月、11月

どこもそうですが年末年始が1番高騰するので

その少し前は基本的に低価格になっている傾向があります。

暑さも和らぎ10月、11月も比較的過ごしやすいです。

正月明けの1月

とにかく寒く氷点下は当たり前です。

韓国留学した弟が『寒いっていうか痛い!!』

と嘆いていた程です。

日本の寒さとは比べものになりません。

ですが韓国旅行の醍醐味である

辛くて温かいグルメは格別ですね。



2、避ける時期は?

先ほどは『安い時期』紹介しましたが次に

『避ける時期』をまとめます。

・2、3月

・4、5月(GW)

・7月

・8、9月

は気候の加減と料金が割高という点があり避けたほうが良いです。

1つずつ説明しますと、

2、3月

寒い!!!

先ほど1月はおすすめとして紹介しましたが

2、3月ともなると果てしなく寒くなりつま先から足先まで痛みさえ

感じます。

雪も降りますし行動もしにくくなりショッピングや外に出かけれる範囲が限られてくるので

せっかくの韓国旅行満喫するなら避けるべきです。

4、5月

GWシーズンで航空券、ホテル代が割高になり場合によれば

おすすめ時期の2倍の費用がかかってきます。

GWの休み期間だけでなく4、5月はGWの前後も料金が上がるので

4月上旬か5月下旬頃なら通常の費用でいける可能性もあるので要チェックです。

7月

7月は梅雨真っ最中で雨、雨、雨です。

梅雨が6月下旬から始まりひどい年は7月下旬まで悪天候が続くので

避けるべき時期に該当します。

ですが観光客は極端に少ないわけではなく傘やレインコートを羽織ったりして賑わっています。

避けたほうが良い時期ですがメリットもあり料金が安くなっている航空会社も見受けられます。

ですので「安ければ雨でも構わない」という方にはおすすめできます。

ただ蒸し暑いのが難点です、、、

8、9月

暑すぎて動く気が失せます。

ただ何よりもデメリットは夏休みシーズンということもあり

料金が高くなっています。

雨の心配はあまりありませんが夏に韓国旅行に行くなら

ソウルではなく’’済州島’’がおすすめです。

済州島はアジアの中でも有名なリゾート地で夏に楽しめるスポットが多く

家族連れの韓国客に人気です。

ソウルはグルメ、ショッピングなど基本的に歩いて行動ばかりなので

あの暑さには耐えられません。

 

3、いくらぐらいで行けるの?

飛行機の時間航空会社によりますが

私が今までで1番安かったのは、

1泊2日航空券、ホテル代込み込みで2万円でありました。

2泊ならあと1日分のホテル代がかかってくるだけですが

ホテル代も安く1泊1万もかかりません。

どうせ寝るだけなのでそれこそ

ホテルなんてどうでもいいわって人なら

5000円ほどであります。(ゲストハウスなど)

4、エアトリ最強説

別の記事で紹介しているので

こちらを是非参考にしてください。

上記の記事でも紹介していますがセット割が凄いです。

1万円以上割引が効いているのもあります。

行くたびにいろんなサイトで航空券を探しますが

結局はエアトリで予約しています。



4、まとめ

安い時期

・5月中旬〜6月末

・10月、11月

・正月明けの1月

避ける時期

・2、3月

・4、5月(GW)

・7月

・8、9月

梅雨時期前の6月中旬から6月末まで

天候や気候の良く1番安くで行けるかなと思います。

場所にもよりますが飛行機で韓国まで1時間半で着き、

旅費も国内旅行よりも安く行けるケースも

多いのが魅力ですね。

他にも韓国は魅力だらけで私の別記事でも

韓国に関連した内容(オススメグルメやカジノなど)

をまとめているので是非参考にしてみてください。

最後までご閲覧いただきありがとうございました。Bloom



 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事