資産運用をまだ始めていない方へ♪少額でおすすめの運用法は!?
Via(ヴィア)
Via(ヴィア)
資産運用はしっかり行っていますか!?
まだの方に少額でおすすめの運用をピックアップします♪

 

老後2,000万円問題や子供の教育費の問題もありますが、物価が年々高くなっている日本では毎日少し貯金するのがやっとかと思います。

 

僕たちの親世代では、父親が働き、母親は専業主婦が当たり前でしたが現在は共働きが普通です。

 

ここまで頑張ったのに退職後に贅沢できないなんてアホらしいですよね!?

 

そこで、やっておくべきなのが資産運用です。

 

長期間コツコツ運用する事で資産が増えていくしくみで、「お金に働いてもらう」という言葉さえあるほどです。

 

では少額でもできる効率の良い運用方法とは!?

 

まずは「NISA」ですね。

 

年金だけでは厳しいと国もわかっているので、「NISAでしっかり運用しましょう」ということで設けられた制度です。

 

国が推奨しているほどで、NISAで運用は非課税にしているというのが特徴です。

 

非課税はすごい魅力で、普通なら運用して出た利益の約20%が税金として納めなければいけません。

 

せっかく良い結果が出たのに税金でこれほど取られたら意味がありません。

 

NISAは投資信託なので比較的リスクも低く、100円からでも投資できるというのがメリットでもあります。

 

次に、おすすめなのが米国株ETFです。

 

ややこしそうに思われますが、投資信託とほぼ原理は変わりません。

 

ただ、株式のように売買したり、「株価が○○円になったら購入する」などの予約注文も可能です。

 

また、株式と同じなので3か月に1回、配当金が支払われます。

 

SPYD

 

この銘柄は高配当の株価ばかりを集めてできた一つの株式で、配当金が高く、個別の銘柄に投資するよりも分散投資できるのでリスクが回避できるというメリットがあります。

 

このようにETFは分散投資で安定した運用を行うことを目的とした株式になります。

 

実際に僕も、始めて購入したETFがこのSPYDで、一株40ドルほどで購入できて、配当金は一株あたり0,65ドル円となっています。

 

「え!?日本円でたった70円ほど!?」

 

と思ったかもしれませんが、4,000円を投資すれば年間で70円×4で280円ほどの配当が見込めます。

 

銀行に預けているだけなら0,001%の利息しか付きませんが、このSPYDの場合、配当金だけで7%ものお金が増えるという計算になります。

 

また、株式なので日々株価が変動し、上昇すればその分利益も増えます。

 

実際に僕は92株保有していますが、運用益が40%以上に増えています。

 

これが、米国株ETFの魅力です。

 

僕自身、まだまだ投資額は少ないですが20年後には1億円になるように毎月10万円以上投資しています。

 

では、現在の保有状況をお伝えします。

 

 

米国株投資
資産額・・・973,572円
運用益・・・+122,203円
投資信託
SBI証券
資産額・・・65,933円
運用益・・・-67円
楽天証券
資産額・・・248,931円
運用益・・・-2,069円
仮想通貨
ビットコイン・・・33,297円
ネム・・・29,783円
クアンタム・・・38,463円
前日比・・・+452円

 

資産運用は時間をかけて行うことに意味があるので、まとまった資金がなくても問題ありません。

 

実際に僕もまとまった資金で一気に投資はしていませんし、コツコツしか始めていないので皆さんも是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか!?

 

このブログでは米国株や投資信託を詳しく解説しているので是非そちらもご覧ください。

 

 

最後までご閲覧ありがとうございました。

皆さん僕と一緒にFIREを目指しましょう♬

 

応援頂けたら光栄で今後の励みにもなります。

ツイッター

インスタグラム

フォローお願いします\\\٩(๑`^´๑)۶////

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事