なぜVOOは、そんなに人気なのか!?引き寄せられる魅力は!?
Via(ヴィア)
Via(ヴィア)
VOO♪
米国株投資でほっておけない存在ですよね。
では、VOOの魅力って何でしょうか!?

 

この記事では、VOOについて詳しく解説していきますが、まず一つ知っておいて頂きたいのが

 

「配当金が目的なら向いていない」

 

という事です。

 

配当利回りは低く平均利回りが「1.63%」で、過去最高の利回りでも「2.59%」と、極めて低い数字です。

 

それに比べて高配当株のSPYDの過去5年の平均は「4.57%」で差が見てわかる結果となっています。

 

では、それでもVOOが人気な理由とは何かを詳しく解説していきます。

 

まず、VOOの最大のメリットとしては以下の点が挙げられます。

 

「資産の最大化」

 

利益を配当金とするのではなく、さらに運用に回すことで資産を増やすことを目的としています。

 

例えば、

 

「給与所得にプラスして毎月○○円ほしい」

 

という方は、SPYDやVYMのような高配当ETFがおすすめで、

 

「資産を限りなく増やしたい」

 

という方は、VOOが向いていると言えます。

 

「明確な目的はないけど、とにかくお金を増やしたい」という方が選ぶ銘柄で、もちろん「教育費、老後資金」などの確保のための資産運用にも向いています。

 

では、VOOについて詳しくみていきましょう。

 

基本情報

運用会社 バンガード社
設定日 2010/9/7
連動指数 S&P500
株価(2021/5/10) 388.03ドル
構成銘柄数 約500銘柄
平均配当利回り 1.63%
配当月 3,6,9,12月
経費率 0.03%

 

VOOのインデックスは、米国を代表する株価指数である「S&P500」で、米国を代表する500銘柄で構成された銘柄になります。

 

S&P500に連動しているので、同様に株価は右肩上がりとなっています。

 

では株価チャートを見てみましょう。

 

株価推移

 

 

10年間のチャートですが、コロナショックで暴落したにも関わらず安定した伸びが継続できています。

 

10年前で約4倍近く上昇していますし、世界の最先端を突っ走る米国株式市場なので、これから先も期待できる銘柄となります。

 

では、具体的にどのような銘柄で構成されているのでしょうか!?

 

主要構成銘柄とセクター比率

 

GAFAMはもちろん、テスラ、バークシャー、J&Jなど名だたる企業が揃っています。

 

セクター比率としては、情報技術が約25%を占めており、ヘルスケア、一般消費財、コミュニケーションなど様々なセクターに分散されているので、これ一本で米国企業の大部分に全体投資が可能となります。

 

VOOだけで、インデックス投資として良いパフォーマンスが期待できます。

 

配当金はいつもらえるのか!?

 

配当月は3月、6月、9月、12月の年4回です。

 

ですが冒頭でもお伝えした通り平均利回りは1.63%と比較的低くなっています。

3つのメリット

 

・高リターンが期待できる

・分散投資ができる

・運用コストが低い

 

特に「運用コストが低い」に関しては、他と比べると「0.03%」と、圧巻の低さです。

 

また、バンガード社は運用規模が大きくなればなるほどコストが低くなります。

 

VOOは約500社に分散投資できるとお伝えしましたが、更に3,500銘柄で構成されている「VTI」にも投資することで、より幅広く分散投資が可能となります。

 

Via(ヴィア)のポートフォリオ

 

 

Via(ヴィア)は上記のポートフォリオで資産運用を行っています。

 

他にも学資保険や生命保険、定期預金などで運用はしていますが、それ以外では米国に関する銘柄のみで構成しています。

 

米国ETFは、

 

資産の最大化・・・VOO

高配当・・・SPYD、VYM

 

の3銘柄に集中投資しています。

 

以前は個別銘柄へも投資していましたが、やはり安定と長期リターンを求めた結果、この3銘柄にたどり着きました。

 

また、投資信託もS&P500に連動した「SBIバンガードS&P500」と「eMAXISSlimS&P500」「eMAXISSlim全世界株式」に投資しています。

 

あと、「毎日投資」という項目ですが、Via(ヴィア)は毎日何かに投資しています。

 

最近では、高配当ETF「VYM」を毎日購入していますし投資信託も2銘柄に毎日1,000円ずつ買い付けしています。

 

 

実際にVia(ヴィア)もFIREになるには、まだまだ年数が掛かりますが、なぜ、自慢みたいに毎日発信しているかと言いますと、

 

FIREは誰でもなれる♪

 

ということをお伝えしたいからです。

 

「ドラゴン桜2」が放送されていますが、

 

「オリンピック選手になるよりも東大に合格する方がはるかに簡単だ」

 

というセリフにとても共感できました。

 

なぜなら、

 

「オリンピック選手になるよりも、また東大に合格するよりもFIREになる方がはるかに簡単」

 

だからです。

 

練習や勉強を人一倍努力し、それでもつかみ取れるのは、ほんの一握りです。

 

それに比べFIREは、人並みよりも少し努力すれば近づけます。

 

才能なんて必要ありませんし、血がにじむほどの努力も必要ありません。

 

FIREに興味がある方は、こちらの記事で共感して頂き実行に移してみてはいかがでしょうか!?

 

 

では、最後に本日の資産状況です。

 

米国株投資
資産額・・・959,208円
運用益・・・+128,170円
投資信託
資産額・・・299,993円
運用益・・・-7円
仮想通貨
ビットコイン・・・44,980円
ネム・・・39,324円
クアンタム・・・55,605円
前日比・・・+824円

 

本日の毎日投資は、先週に引き続きVYMを1株と投資信託2,000円購入しました。

 

VYMはこれで30株となったので、とりあえずは一旦休憩して明日からまた何かに投資していきます。

 

 

最後までご閲覧ありがとうございました。

皆さん僕と一緒にFIREを目指しましょう♬

 

応援頂けたら光栄で今後の励みにもなります。

ツイッター

インスタグラム

フォローお願いします\\\٩(๑`^´๑)۶////

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事