FX日記!ふと1つの疑問が生まれた。証券会社って何で稼いでるの?

FX証券会社はほとんどが手数料無料と言ってますが、「ではどのように利益を生んでるの?」

とお風呂に入っている時にふと疑問ができました。

気になることはすぐに調べよ、、、

わかったのは、2点ありその1つ目が、

’’スワップ金利’’です。

スワップ金利はまず’’証券会社が受け取ってからトレーダーに配当されます。’’

そこで、証券会社が金利を100円受け取ったとします。

それを私たちに80円を配当します。

そうすると’’20円’’が証券会社の儲けになりますよね。

逆にマイナススワップでは、

証券会社がスワップを支払う額より多くの金利をトレーダーから受け取ります

ですので、証券会社がスワップ金利を80円支払う場合、

トレーダーから100円のスワップをもらうと

’’20円の儲け’’っていうシステムです。

スワップ金利が付与する6時頃に、ポジションを保持している人が多ければ多いほど証券会社は儲かるという事ですね。

儲かる2つ目の点が、

’’スプレット幅’’です

投資専門用語で’’マリー取引’’というのがあります。

マリーとは「相殺」という意味で、10万通貨の買い注文と、10万通貨の売り注文があった場合

証券会社はその2種類の注文をシステム上なかったことにできます。

難しいかもしれませんが、注文がなかったことにできるということは、スプレット分が丸々証券会社の儲けになります。

私もあまり意味がわからないのですが、そう見たいです。笑

スワップで儲かる仕組みと違ってこのスプレットで稼ぐのは、

’’取引量が多ければ多いほど証券会社は儲かる’’ということですね。

なおかつスプレットの広い通貨ペアでの取引が多ければなおさら儲かります。

この2点の仕組みがわかったので、やっと証券会社で口座開設するだけで高額なキャッシュバックがもらえたりできるのが納得できました。

基本的には手数料なしですが、見えないところで手数料を支払っているということですね。

取引させてもらってる分仕方がないですよね。

別に深いとこまでは考えず取引をしていきたいと思います。

最後までご閲覧ありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事