トレンドラインで稼げるサインの見つけ方!これで勝てるトレーダーに
この記事でわかる事
トレンドラインを引く注意点
トレンドラインで取引する注意点
トレンドドラインで負けないトレード方法

トレンドラインで有効な通貨ペア

どの通貨ペアにも有効になります。

「○○/JPY」が計算しやすいメリットが

ありますが、その点以外はどの通貨でも

問題ありません。

トレンドラインで有効な時間足

どの時間足でも有効ですが、

時間足が長いチャートほど、より効果的な

トレンドラインになります。

4時間足や日足のトレンドラインを確認し

5分足や15分足で’’エントリーのタイミング’’

を探すようにするのがベストです。

トレンドラインを引く時の注意点

引くときはヒゲも

ヒゲも’’高値と低値’’を知らせてくれる重要な

サインなのでトレンドラインを引く際は、

「ヒゲも入れる」ようにする必要があります。

ヒゲを入れないでトレンドラインを引くと

角度や考え方が違ってくるので、本来の

トレンドラインの効力を発揮しません。

1本だけでなく複数引く

同じ位置から複数のトレンドラインを

引くのも効果的で、主に反転のサインが

わかります。

ラインを超えだしたら反転する可能性が

考えれますのでラインブレイクを狙うか

取引を控えて様子を見るなど、トレンドライン

のサインを見極めることが大切です。

とにかくトレンドラインは引きまくる事が

大事なので各通貨、各時間足で引けるだけ

引きましょう!

トレンドラインを使って取引する注意点

焦らず様子を見る

下落中で、

サポートラインにタッチしたからといって

焦ってエントリーしてはいけません。

ラインを抜ける場合もあります。

ですので、ラインにタッチした後は少し様子を

見てしっかりサポートされた値動きを確認してから

エントリーしなければなりません。

それと逆のパターンで、

ラインを抜けたからといっても必ず抜け切るという

ことはありません。

ラインを抜けた後に再び戻ってくる、

「ダマシ」の可能性も考えられます。

ダマシだけは誰も予想できませんので、

抜けを狙う場合は、損も覚悟で

エントリーしなければいけません。

損切り設定は確実に、、、です。

トレンドラインを信じすぎるな!

トレンドラインを引くのは自分のさじ加減なので

必ず数ミリの誤差がでます。

ですので、タッチしたところで必ずサポートが

働くという保証はありません。

証券会社によってもチャートは多少ずれているので

あくまで’’目安’’という気持ちで分析することが

大切です。

よりトレンドラインで利益を獲るには

エントリーはトレンドラインに沿って

矢印でもわかるようにサポートされている点は

多くありますが、確実に利益を獲っていきたいなら

トレンドに沿った方向にのみエントリーです。

上記でいえば、トレンドは’’下落’’なので、

売りで入れるレジスタンスラインの3点のみ

ということになります。

もう1つは、ラインの抜けは狙わないことです。

ラインの抜けは大きく稼げる場合が多いですが、

先ほどお伝えした’’ダマシ’’も多く起こります。

負けないトレードをしたいのなら

ラインの抜けは控えて値動きが落ち着いた頃に

再度参戦するのをおすすめします。

デイトレ・スキャルにおすすめの証券会社

ヒロセ通商のLION FXがおすすめです。

スキャルピングを禁止している証券会社が

多い中、ヒロセ通商は「スキャル公認」で

スプレットの狭さはもちろん取引量も多く

何といっても取引量に応じてキャッシュバックや

食品がもらえるキャンペーンが随時行われます。

取引量が多いスキャル特有のデメリットを補う

ようなキャンペーンなので、多くの方に口座開設

されています。

下記のバナーからも簡単に開設できるので

詳しくは是非確認してみてください。



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事