FXデイトレードの特徴や勝ち方は?デイトレで上手に稼ごう!
この記事でわかる事
デイトレードの特徴
重要なポイント
デイトレ・スキャルに最適な証券会社

デイトレードの特徴

デイトレードとは名前の通り、その日の間に売買を成立させ翌日にポジションを

保持しておかない短期トレードのことをいいます。

短期トレードでは、ほかにスキャルピングも人気ですが、スキャルとデイトレの違いが、

取引回数が多く利益が積み重なるスキャルピングに対し、デイトレは相場を読みやすく安定した利益をコツコツ狙えることです。

損益がでる率も高いが大きな利益を獲るスキャルか、利益は少ないが安定した利益を狙うか、、、という

スタイルです。

デイトレはスキャルよりも難易度は優しいので、初心者にも人気です。

ではスキャルピングに関する重要なポイントをまとめていきます。

重要ポイント

時間帯

  • 16:00~18:00・・・ヨーロッパ市場が開く
  •  21:00~24:00・・・ニューヨーク市場が開く

ヨーロッパとニューヨークが動き出すので、取引量も一気に増え値動きが活発になります。

特にポンド系は15時頃から徐々に動き始めるので、自分が決めた通貨ペアが活発に動いてる時間に、

取引を行う方が安定した分析が可能です。

1日のトレード時間は夜の9時から12時の3時間だけドル通貨の取引をされる方も多いです。

分析する時間足

長期足を分析しエントリーのタイミングは5分足で決めるのがベストでしょう。

スキャルやデイトレのような短期トレードでは、5分足や1分足も重要になってきます。

トレンド状況

長期足のトレンドは何か?短期足のトレンドは何か?を把握し、共にエントリーできる根拠が揃った場合に

エントリーしましょう。

短期足チャートだけとか長期足チャートだけでの判断でのエントリーは失敗に繋がります。

デイトレに最適な手法

チャネルライン

高値を繋いだラインと低値を繋いだラインを引いて斜め平行になればチャネルラインが完成します。

高値のラインにタッチし反転、低値のラインにタッチし反転を繰り返す特徴があるのでエントリーポイントも見つけやすい点でおすすめできます。

サポートラインを抜ければブレイクする可能性が高いので損切りライン設定はしておかなければいけません。

レンジ相場

チャネルラインと同じく高値を繋ぎ、低値を繋いだラインが横ばいになっていればレンジ相場です。

見るべきポイントは同じで、高値と低値の間を上下しながら動くのでエントリーポイントを探し決済ラインの目安も見つけエントリーといった手法です。

これも比較的簡単で初心者の方でもチャネルラインとレンジ相場だけでのトレードでも十分利益を獲れます。

当然ライン抜けはブレイクに要注意です。

オススメ証券会社

<<<GMOクリック証券【FXネオ】>>>

GMOクリック証券は基本的メジャーな通貨だけでなく、マイナーな通貨もスプレットが業界最狭水準といわれています。

GMOの口座を持っている方は非常に多いので取引量も多く、情報やニュースがリアルタイムで配信されるので、

情報を収集しながらトレードできるのもメリットの1つです。


<<<ヒロセ通商【LION FX】>>>

スキャルピング公認で約定スピードが世界最速水準!

スキャルピング・デイトレ目的で選ばれやすいのが特徴です。

さらに、取引量に応じてキャッシュバックや食品が無料でもらえるので、

1日に数回トレードされる方は、ヒロセ通商のLIONFXがおすすめです。

下記のバナーからも簡単に口座開設できるようにしているので是非参考にしてみてください。



    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事